クルヴェット名古屋・スタッフブログ
愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング結婚式場

ブラスの誇る「オリジナリティ」

クルヴェット名古屋のブログをご覧の皆様
こんにちは!本日は黒子がお届けいたします

今日はブラスの全会場が行っている「こだわり」についてお話しします

以前中村副支配人が書いたブラスの創る結婚式記事は
ご覧いただけましたでしょうか

「門出」に対するこだわり
これはブラスの大切にしていることです

でもまだまだ他にも「ブラス独自のこだわり」があります!

それは「新郎謝辞の立ち位置」です

ん、ん、どういうこと?と思う方多いと思います

実は一般的に結婚式での新郎謝辞は
記念品贈呈を親御様に行い そのまま親御様の真ん中に立ちます
そして両家代表謝辞のあとに両家に挟まれ行います

皆様もそのイメージはすぐにわくと思います

ブラスでは違います

親御様へ感謝の想いを記念品というカタチでお渡しし
気持ちを伝えていただいた後はメインテーブルへ戻ります



戻っていく過程にも意味があります

「今までありがとう」
そしてこれからは「夫婦ふたりで手を取り合って頑張っていきます」
その決意の背中を見てもらう時間です

ふたりが強く心に決めた意志を表す過程です

そして新郎謝辞は親御様に対面しているから意味があります

新郎新婦が親の目を見て
夫婦となったふたりが並び
ゲストの皆様に感謝を伝えます

そして何より今日まで育ててくれた親御様に感謝を伝える最後の時間です



日常生活でもあると思います
目の前の相手に気持ちを心から伝えたいとき
目を見てお話ししますよね

ゆっくりとじっくり丁寧に伝えますよね

感謝の時間を大事にしているブラスだからこそ
新郎謝辞の時間は大切です

*これから結婚式を控えているブラス花婿の皆様*
新郎謝辞って大変・・・て聞くこともあるかと思います

でもこの時間で伝えたいことはたくさんあるはずです!
ぜひ自分の気持ちを自分の届けたい言葉でお話ししてください

そしてまだ会場選びに悩んでいる*未来の新郎新婦の皆様*
結婚式場ってたくさんあって選ぶのが大変ですよね

もちろん会場の雰囲気も大事です

でも1番大切なのは結婚式をどんな想いでつくり
どんな想いを届けるかが大切なのです

ブラスは「ふたりの想い」を大切にしています

新郎謝辞だけでなく 一つ一つの時間に意味があります

想いの詰まった1日 かけがえのない時間を私たちと一緒に創っていきましょう

クルヴェット名古屋で最高の1日を!

最後までお付き合いいただき ありがとうございました
最近携帯漫画にハマりつつある黒子がお届けいたしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。