クルヴェット名古屋・スタッフブログ
愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング結婚式場

思い出をカタチに残しましょう

急に涼しくなり、秋の訪れを感じるこの頃ですね。
今日のまかないも「お鍋」だったので、みんなでほっこり温まりました♪

暑さもやわらいできたので、お花をお部屋に飾るのに良い季節になってきました。
結婚式のお花も秋らしいものが増えてきました。
各テーブルのお花はゲストのみなさんにお持ち帰りいただきますが、
花嫁のブーケはおふたりにお持ち帰りいただいています。

生花のブーケは何日かはキレイなまま持ちますが、やはり元気がなくなり枯れてしまいます…
せっかくドレスに合わせて用意した可愛いブーケ。
もしキレイなままとっておくことが出来たら、
ブーケを見るたびに結婚式のことを思い出していただけます。

そんな素敵なものがあるんです!
「アフターブーケ」

おふたりからお預りしたブーケを、職人さんがひとつひとつ丁寧に加工してくださり
立体タイプか押し花タイプにして残すことが出来ます。
ブーケの形のまま残される方が多いですが、変わったものだとドレス型に出来るものもあります。
また、ブーケだけでなく、新郎さんの胸元に飾られていたブートニアも一緒に残すことが出来ます!

このおふたりがもたれていた白とピンクの可愛いブーケが



こんな風にキレイに仕上がってきます!



思い出がカタチに残るって素敵ですよね。
ご家族やご友人の方が新居に遊びに来られた際に「あ、結婚式の時のブーケ?」と言ってくださって
また結婚式の思い出話に花が咲くきっかけになれば嬉しいです!!

ちなみに、私は友人からブーケをもらったので
1つのブーケを2つの小さな立体アフターブーケにしました。
1つは友達へお返しのプレゼント、もう1つは自分の思い出の品に。
そんな贈り物にもピッタリです!
新婦さんがもたれたブーケを、ご両家それぞれと新婦さん用で3つにしていた方もいらっしゃいます!

詳細はクルヴェットスタッフへ、ぜひお問い合わせください!

先日お散歩をしていたらキンモクセイの香りがして、秋を感じて幸せになった桑原でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です