クルヴェット名古屋・スタッフブログ
愛知県名古屋市のゲストハウスウエディング結婚式場

初担当の日がくる!

風も涼しくなり、だいぶ秋めいてきましたね。
そろそろ衣替えの時期です。


9月から11月にかけて、新入社員のみんなが初担当の日を迎えます。

ウェディングプランナーになりたい!
そう夢を描いて入社した4月から約半年。

初めて「自分のお客様」を持たせていただいた、あの日。
担当を任せていただける!という喜びと共に
大きな責任を感じて、自分におふたりを幸せに出来るだろうか…と不安にもなります。

でも、担当である自分が不安な顔をしていたら、新郎新婦のおふたりも不安になってしまう!
しっかりおふたりをリードして、幸せにしなければ!

そう自分に言い聞かせて、精一杯おふたりに向き合います。


その姿を見ていると「一生懸命って素敵だな…」とジーンとします。


初担当は「担当デビュー」であって、ウェディングプランナーとしてのスタートです。
まだまだ未熟ではありますが「新郎新婦のおふたりを幸せにしたい!」
その気持ちが良い結婚式を創るためには1番大切です。
どんなにスムーズに進行が進んでも、どんなにスマートにサービスをしても、
想いのない結婚式なんて、絶対良い日になりません。
担当プランナーがおふたりを想う気持ちを
一緒に結婚式を創るメンバーに伝えることで「良い結婚式」ができるのです。

どんなに経験値を積んでいる先輩がいても、
新郎新婦のおふたりの想いを1番知っている担当プランナーがリーダーです。
先輩たちもしっかりアドバイスし、支えながら、担当プランナーの想いを尊重して結婚式を創っていきます。

チーム全員で創る結婚式

だからこそ、新入社員のみんなも担当が出来るんです。


今週も大切な後輩が担当デビューを迎えます。
初めておふたりにお会いした日に大喜びしていたこと。
お打合せの日が来るたびに、嬉しそうに進み具合を教えてくれたこと。
おふたり実は…とおふたりのことを知るたびに、私にも話してくれたこと。

絶対良い結婚式になると思います。


私も初担当のお客様には毎年夏祭りでお会いします。

おふたりの結婚式から早10年…

兄姉のような、父母のような、おふたり。
おふたりにお会いするたびに「プランナーって良い仕事だな」としみじみ感じる桑原でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です